【上海スタディツアー報告】世界最大の工場と市場の「内臓」を見る

825

世界と闘う人を創るプログラムであるAWAYでは、アジアのビジネス現場を訪問するプログラム「AWAY 120」を企画運営している。

AWAY120とは

プログラム内容

「アジアの大都市に数日間滞在し、企業・市場視察やインタビューを通して、経営者、労働者、生活者の3者の視点から、アジアのリアルを知るプログラム」

AWAY 120 上海

今回ご紹介するのは、2014年12月に開催された、「AWAY 120 上海」

企画概要

真の中国と対峙する3泊4日の旅

~世界最大の工場&世界最大の市場である中国。
その中国を、製造業、メディア企業、市場の現場から見つめる~

目的

  • 中国ビジネスの最前線の空気感に触れる
  • バリューチェーンの現場を見ることで、グローバルビジネスの全容を把握する
  • 中国で活躍する経営者に質問をぶつけ、一気に視野を広げる

訪問都市

中国、上海市

訪問先

  • 工場視察
  • 市場視察(建材家具、雑貨、アパレル、偽物市場)
  • メディア企業訪問
  • 経営者インタビュー

期間

2014年11月29日〜12月2日(3泊4日)

滞在先

ロックウッドインターナショナル

  • 外国人観光客が多く集う、中国上海視察の拠点
  • 国際都市上海で、多国籍の価値観と触れ合い、視野をひろげる

コーディネーター/参加者

[コーディネーター]

  • 原田甲子郎 株式会社UNLOCK DESIGN 代表取締役
  • 常井裕輝 上智大学法学部2年 AWAY3期生/上智大学公認団体SJCF共同代表

[参加者]

  • 女性/ニチイ学館中国事業部担当
  • 女性/PASONAキャリア
  • 女性/東京大学法科大学院卒(経済産業省内定)
  • 女性/東京農業大学2年応用生物科学部 国際協力系学生団体Youth Ending Hunger代表
  • 男性/上智大学法学部3年 一般社団法人日本国際化推進協会理事
  • 女性/同志社大学文化情報学部4年 AWAY2期生(IT教育系ベンチャー内定)
  • 女性/学習院女子大学x学部3年 AWAY3期生
  • 女性/香川大学 観光学部4年 AWAY3期生
  • 男性/明治大学法学部法律学科2年

男性4名 女性7名
学生8名 社会人3名
計11名

AWAY 120 上海訪問先企業と市場

上海に拠点を持つ企業4社と5箇所の市場を訪問した。

企業:発美利健康器械(上海)有限公司

ファミリーイナダ株式会社の100%子会社。創業以来50年間マッサージチェアの製造販売を行っている企業。開発、製造、組立を全て自社工場で一貫して行っている日本で唯一の会社。日本が生んだ発明品・マッサージチェアを海外70ヶ国へ販売している。訪問先の発美利健康器械は1998年に中国・上海市に設立された中核製造拠点。拡大する中国市場の需要を補足するための中国R&D拠点でもある。「世界の工場」と呼ばれる中国の製造現場を視察し、日本経済の根幹である製造業の流れを肌で実感する。

企業:上海广播电视台 / 上海文化广播影视集团有限公司:Shanghai Media Group(SMG)

SMGは中国最大級のマスメディア及び総合文化産業グループ。事業分野は、ニュース配信、テレビ・ラジオ局の運営、インターネットメディアの運営、イベント開催、旅行事業、テレビ通販、版権ビジネスなど。15のテレビチャンネル、11のラジオチャンネル、15の有料デジタルテレビチャンネル、9種類の新聞雑誌を保有。今次訪問先は中国トップ経済メディア企業である第一財経の広告部を訪問。

企業:しんせん館

生鮮品を中心とした日本食品の総合小型スーパー。日本人学校や日本人マンションの近くに店を構えた地域密着型の運営。各都市を代表する百貨店やスーパーに鮮魚テナントとして入店。中国で食の安全問題が注目されるなか、富裕層を中心に日本や海外からの輸入食材を求める層が拡大。日本の食材や商品の流通、顧客層、価格など現地小売の現場を視察し、現地経営者から話を伺う。

企業:上海伊勢丹

上海市にある日系百貨店伊勢丹。ラグジュアリーブランドが軒並み店舗を構える上海の銀座と称される南京西路に位置する。上海のホワイトカラーの女性をターゲットにした商品構成。中国の富裕層が、どのような所で、どのようなサービスを受けているのか。高級百貨店の現場を視察し、現地責任者から中国富裕層への販売手法を伺う。

市場:南外灘軽紡面料市場(アパレル市場)

繊維卸売市場/オーダーメイド服仕立屋の市場。日本市場が頭打ちの中、ファッション企業が生き残りをかけてアジア市場へ進出をしているが、成功している企業は少ない。写真を見せれば、数日でそっくり同じデザインの服をオーダーメイドで作ることができ、価格もUNIQLO以下。川上から川下まで長い分業体制が特徴の繊維産業のサプライチェーンが、日本の消費者が手にする商品の価格へ与える影響を実感できる。また、日本企業がアジア市場で勝ち抜くために必要なことも見えてくる訪問先。

市場:韓城服飾礼品広場(偽物市場)

時計、バッグ、靴、小物電化製品、アパレル、ソフトウェアなど様々なコピー商品を取り扱っている小さな店舗が軒並み店を連ねる。中国は「世界の工場」と呼ばれ、製造業を中心に著しい経済成長をみせる課程で、著作権侵害や商標権侵害などの知的財産権侵害が多発し、問題となっている。その現場に足を運び、現状を見る。

市場:カルフール

フランス系大型スーパーマーケット。現地消費者の毎日の生活に触れる。品揃え、商品陳列、価格、販売促進手法、販売員など、日本との比較しながら、どのようにして日本の商品を中国で販売するかを現場で考える。

虹橋火車駅

世界一長い鉄道網を完成させた中国の中でも、最大規模を誇るターミナル駅。日本では想像ができない規模の駅を視察し、もしこの駅の利用者が飛行機で日本に来たときの、街角の風景とその影響の大きさを現地で考えてみる。

外灘

上海随一の観光スポット。20年前はただの水田地帯であった浦東新区がいまでは高層ビルが立ち並ぶ世界を代表する開発区に発展。猛烈なスピードで発展し続ける街を眺めながら、今後日本人としてこの隣国とどのように対峙していくべきなのかを考える。

旅程の詳細については、写真付で次回別エントリーで紹介する。