【海外インターン体験記まとめ】②なんでやるって決めたの?


海外インターンに参加したみなさんは、どのようなきっかけがあって参加を決めたのでしょうか?

▽話を聞いた8名のプロフィール
・学年:大学1年生〜4年生、大学院2年生
・インターン期間:2週間〜6ヶ月
・大学:香川大学、慶応義塾大学、コーネル大学、上智大学、東京大学、同志社大学、中京大学、明治大学
・留学先:アメリカ、マレーシア、中国、フィリピン
・就職先:メガバンク、大手総合電機メーカー、通信大手、大手電機メーカーグループ、ITベンチャー企業

※()内は参加時の年次と滞在期間

◇常井 裕輝さんの場合(大学2年生 | 2週間)

tokoi_miniトビタテ留学JAPAN2期新興国コース/AWAY4期生/新興国事業創造インターン(1年)/日本学生支援機構優秀学生顕彰奨励賞/空手道松濤流初段/上智大学法学部

 

とにかくアジアに飛び出したいという思いがありました。

人口が減少し高齢化も進み最近なんとなく「暗い」日本や、文化的にも経済的にも社会制度的にも既に成熟している他の先進国でもなく、大絶賛成長中の国家に飛び込んで、その可能性を肌で味わいたかったのです。

また近い将来、自分の会社を立ち上げようと考えていることも関係しています。

海外インターンシップを運営する「AIESEC」や他の団体のスタディーキャンプも経験しましたが、なぜかAWAYを選びました。そこに特に根拠はありません。

根拠としては薄いですが、他のプログラムや団体にはない独特の面白みを感じました。「よく分からないけど楽しそうだわここ」と心躍る自分がいたことから「何とかなるっしょ」と言い聞かせて飛び込んでみました。

◇猪塚 晃子さんの場合(大学4年生 | 6ヶ月)

izuka_miniAWAY2期生/AWAY上海合宿/マレーシア語学留学/マレーシアインターン(半年)/香川大学/大手総合電機メーカー就職

 

AWAYに参加した理由は3つあります。

1つ目は、マレーシアという国に興味があったからです。

私はインターンシップに参加する前にマレーシアの語学学校に通っていました。
その際、マンション、ビル等がいたるところで建設され、物価の上昇率も右肩上がりと日本では感じることのできない急激な経済発展を目の当たりにし、このような勢いのある国で働くことに興味を持ったのがきっかけです。

2つ目は、英語に自信をつけたかったからです。

英語に自信をつけるには英語を使うことが一番だと思ったので、メールのやり取りや営業などのビジネスの場面で英語を使いながら学ぼうと思いました。

3つ目は、自分の「選択肢」を増やしたかったからです。

選択肢というのは、「私はxxxができます。xxxが得意です。」と自信を持って言えることを一つでも増やすことです。

AWAYに参加する前は自分に自信がなく何事に対しても思い切りがなくためらうことが多かったです。このためらいをなくすには、一つでも多くの自信をつけることが一番の解決方法だと考え、自分にできる「選択肢」を増やそうと思い参加しました。

◇山田 真由葉さんの場合(大学院2年生 | 1ヶ月)

yamada_miniAWAY上海合宿/AWAYインターン/慶應義塾大学/東京大学大学院/経済産業省就職

 

私は、社会人になってから企業の海外進出支援に携わりたいと考えています。その上で、働き始める前に自分自身が海外で0→1というのを体験したい、或いは既に成し遂げた人や海外を志している若者に会いたい、という思いで参加しました。

また、「アウェイな環境でも戦える強い人材を作り出す」というAWAYのビジョンにも感銘を受け、原田さんや山口さんにも直接お目にかかってお話を伺いたいと思ったのも大きなきっかけです。

◇本多 秀一郎さんの場合(大学3年生 | 2ヶ月)

honda_miniシンガポールインターン/ポルトガル留学/マレーシアインターン/AWAY4期生/立命館アジア太平洋大学/通信大手就職

 

AWAYに参加を決めた理由は、実際にビジネスがどのように回っているか、そして世界の成長センターと言われ、今後の世界経済を牽引していくアジアというアウェイな環境で自分がどのくらい通用するのか身をもって経験したかったからです。

夏休みにアウェイな環境で徹底的にコミットする事で同世代のライバル達に圧倒的な差をつけたいと考えていました。

また、会社や上司の言われることを淡々とこなすサラリーマンとして一生を終えるのではなく、いつか将来は、「自らビジネスを創造出来る人間になりたい」という思いが漠然とありました。

ビジネスを創造する上で必要不可欠である「ゼロからイチを生み出す」事が苦手だったのでそれを克服したいと考えたのも参加を決めた理由の一つです。

◇小谷 慎也さんの場合(大学3年生 | 2ヶ月)

kotani_miniフィリピン語学留学/AWAY3期生/中京大学/大手電機メーカーグループ会社就職

 

これまで大学生活で何一つやってこなかったという焦りが一番の原因です。人に胸を張って言えるようなことを全くやってこなかったので、自分を変えたい!という強い思いから参加することを決めました。

また、これまで東南アジア数カ国に行った事があり、それ以来東南アジアが好きになりました。英語の語学留学を経験した事もあり、将来はアジアで働くことも選択肢として考えていたため、アジアで働く経験をしてみたかったということも理由のひとつです。

◇西貝 友里さんの場合(大学3年生 | 1ヶ月)

nishigai_mini中国インターン/AWAY2期生/AWAY上海合宿/トライリンガル(日中英)/同志社大学/ITベンチャー企業就職

 

AWAYしようと思った理由は、3つあります。

1.就職活動に疑問を抱いたから

2.中国語と英語を使う過酷な環境で仕事をしてみたかったから

3.将来は海外で働きたいので一度海外で働くことを経験してみたかったから

企業の採用方法や学生のテンプレートな回答、そしてほとんどの学生が大手志向であることに常に違和感を感じていました。「このままでいいのかなあ」と感じながら就職活動をしていた時に、たまたま他のインターン生が書いている記事を見て「これだ!」と思いました。

休学をしていたこともあって、この時間を有意義な時間にしたい、色んなことに挑戦したいと思い、進んでいた選考を全てお断りしてマレーシアでインターンシップすることを決意しました。

◇原田 拡敬さんの場合(大学1年生 | 2ヶ月)

hirotaka_miniUNLOCK DESIGNインターン(1年)/中国語学留学/AWAY0期生/米国コーネルカレッジ

 

兄に海外インターンシップを勧められたのがきっかけでした。ずっとただバックパック旅行だけするのも、なんだかなぁ、と思っていたところだったので、ちょうど良かったです。正直なところ、最初は「海外でインターンシップなんて、なんかかっこいいじゃん!」その程度の感覚ではじめました。

◇飯田 浩明さんの場合(大学2年生 | 1ヶ月)

ida_miniアメリカ留学/AWAY2期生/明治大学/メガバンク就職

 

2年生の夏にアメリカに行った際に、自分が世界を変えるんだという思いを持った東南アジアからの留学生の多さに驚き、これからはアジア中心に世界が展開されていくんだと思うようになった。

アジア未経験で学生生活を終わらせてはいけないと感じ、アジアでインターンをできるところを探していた。そこで見つけたのがAWAY。

マレーシアという治安の良い、親日、英語が公用語という三拍子そろった国で本格的なインターンをさせてくれることに惹かれ、HPを見てすぐ連絡、渡航した。

ガチだけど、経験も学歴も不問

いかがでしたか?ちょっと気になったから、というくらいの感じでも大丈夫です。気軽にご相談ください!

プログラムの詳細について、もっと知りたいというかたはこちら