アジア、特にマレーシアはアツい!!その前線に行ってみた!!

665

profile pic

お初にお目にかかります、現在マラヤ大学に留学中の新田です。

○KLタワーでとりました。

 

マレーシアは下図のように、常に夏状態です。さらに湿気も高いので、日中の体感温度は軽く40度を超えてきます。暑いです、ほんと。

malaysia,tokyo temp

しかし、マレーシアは温度が高いだけでなく、今たくさんの機会やビジネスチャンスが転がっている、まさにアツい場所なのです!!

 

アツい機会の数々!!

素晴らしいビジネスマンに会って関係を築くことができる機会の一端をご紹介いたします。

先日4/23~24二日間に渡って行われたNASA’s international Space Apps Challenge (以下Space Apps)のイベントです。

Space AppsはNASA主催のもと、世界で同時に開催されるハッカソン(アプリ開発や優れたアイデアを競うイベント)です。

マレーシアでは初のイベント、UNLOCK DESIGN共同代表山口さんはじめ、AWAY生(マレーシアでインターンをしている人達)が、カネなし、コネなし、経験なし(大型イベント企画運営)の状況から、マレーシア政府機関、一流大手企業、ベンチャーキャピタル、トップ企業家、国立大学を巻き込んで行いました

こんなことができてしまう、それがマレーシアです。

IMGP7832

○聴衆の前でスピーチをする山口さん

nasa space apps

○熱気あふれる会場の様子

まさに野心的な企業家やプログラマー、学生が多かった!!

当日は沢山の方々にインタビューをさせていただきました。

印象的だった人を紹介させていただきます!

 

Muhammad Hijaziさん、彼になぜこの場に来たのか伺いました。hijazi○当日彼の写真を撮り忘れたのですが、後日会食に行った際の写真です。左から、11カ月になる娘さん、Hijazi氏、新田です。

「世界を変えたいというマインドに刺激された。何か人のためになることをしたい。今回はリサーチ不足だけど、他の人からアイデアを学んだり、人脈を作っていきたい」

参加者の中でも特に意識高いなあと感じ、awesomeという言葉とともに、感嘆まじりのすげえという言葉を発した矢先、

「すげえ、ははありがとう。日本語大丈夫だよ、何かあったら連絡してね」との流ちょうな日本語が。。

彼は日本語を勉強したのち東京工科大学に進学し、現在は iReka softという会社を一人でマネジメントしてるのだとか!!ウェブサイトやアプリのアドバイザーをする会社で、共同経営者は九州大学の大学院博士課程に現在進学中!

http://irekasoft.com/

↑彼の会社のホームページです。

 

mentors

参加していたメンバーもすごい方々ばかりでしたが、審査員の方々やメンター陣も超豪華!!

一流企業家、大学の教授、外資系大手企業、そうそうたる顔ぶれです。

彼らとこうしたイベントをきっかけにリンクすることができる!!!

 

感想

このイベントに参加して感じた事、

それは、

・こんなチャンスがいっぱい創れるマレーシア、アツすぎる!

・アツい夢を実現するための人脈を形成するのも自分の行動次第!

・もっと自分もアツく語れるようにコミュニケーション能力を高めたい!!

 

頭の中や机上で考えることは簡単です。しかし、それでは何も変わりません。

実際に行動に移すことによって、自らのセーフティゾーンからの脱却を生み出します。

こうして普段と違う環境や慣れない環境に自分を置いて行動することで、自分を客観的に見ることができます。

そうして、客観視することによって自身の課題に気づき、自らの次の行動が明確になります。

(私の場合は、この一回のアクションを通して、人に言われずとも自分から考えて価値を創出する人間になりたいというモチベーションが強く生まれました)

 

アジア、マレーシアの地で周りがやっていないことや面白いと感じたことに、積極的かつ楽しんでチャレンジしていきます!!!!


From AWAY運営者
新田さんと同じように、アツいマレーシアで私もチャレンジしたい!という方。お気軽に相談ください。

読み込んでいます…

プログラムの詳細について、もっと知りたいというかたはこちら