【海外インターン体験記】5社のインターンを経て、僕がAWAYに居続ける理由(後編)

613

◇常井裕輝:webコンサル、地域活性NPO、子育て支援、カメラ輸出、教育事業、メディアの立ち上げなどを経験し、現在文部科学省と産業界の協働プロジェクト「トビタテ留学JAPAN」を利用して東南アジアに拠点を移した半ノマドワーカー。水戸第一高等学校卒業。上智大学法学部3年次休学中。
2015年4月からマレーシアに住んでいる常井です。トビタテ留学JAPANから支援を受け、マレーシアにてUNLOCK DESIGNというスタートアップ企業でインターンをしています。昔はピアノや空手、テニスをしていました。上京後はサークル、アルバイト、4社での長期インターン、学生団体、政治団体、など大学ですべきことリストを潰していきました。現在は休学中です。

 

前編>世界平和に法律の面から貢献したいと考えて大学に入った私は、その目標を見失い東京を漂流しました。そんな中、ある偶然の出会いからマレーシアでのインターンに参加することになり、人生で初めて発展途上国の空気に触れました。

関連記事:広がった世界は広がり続けるだけだ。

AWAYで見つけた自分に足りないもの

AWAYでの二週間の教育プログラムを終えて、自分に足りないものがたくさん見つかりました。

帰国後は、以前のインターンと並行しつつ、自分に足りないものを補おうとしました。
アナウンサーや国連で通訳をなさっている方に英語のスピーチレッスンを受けたり、CNNを流しっぱなしにして英語を常に身の回りに置くようにしたり、クラブにいってナンパの練習をしたり。しかし依然としてストリートはできないヘタレです。

残った問題はお金でした。1年間収入無しで海外で生活できるほどの蓄えなどありません。しかし、「トビタテ留学ジャパン」という文科省のプログラムならば資金を出してくれることを知り、応募を決めました。この資金で、アジアで何かやろうと。

トビタテの提出書類に受け入れ先機関を書かなければならず、AWAYの運営元であるUNLOCK DESIGNの名前を入れることにしました。

当時は自分で事業を立ち上げるつもりでしたが、実はAWAYに関わり続けることも視野に入れてました。AWAYには大きな可能性があると感じましたし、メンバーが変だったのも良かった。

なによりも、結局彼らがやっていることって、私がやりたかったことと似ていたんです。
世界を平和にするためには、草の根的に若い世代間の交流を密にすることが必要。それのために、大学一年生のときには交流のための多国籍オンラインサロンを作ろうとして失敗しました。いきなり大きくやろうとしすぎました。それに、オンラインだけでは無理だとも気がつきました。加えてITの知識は皆無でした。しかしAWAYは実際にマレーシアの学生を日本に連れて行ってるし、日本からも連れてきてる。これは若い世代の草の根ネットワークになるんです。

「トビタテ留学ジャパン」の奨学金を得て、再びAWAYに関わる

2015年、「トビタテ留学ジャパン」に応募、合格し、資金をいただけることになり、再びマレーシアに渡りました。

僕がアジアでメディアをやりたいという構想をAWAYの運営者に話したら「一緒にやろう」ということとなり、今度はAWAYの運営会社であるUNLOCK DESIGNでインターンをすることが決まりました。

無給インターンなので、生活費はトビタテの奨学金でやりくりすることになります。マレーシアでは、現地で知り合った慶應の友達2人と合計3人で「ルーム」シェアして生活をはじめました。
その後、UNLOCK DESIGNの運営するシェアハウスに移ったので、いまは家賃はかかっていません。

マレーシアに到着した3日後から、マレーシアの知名度を高めるための日本とマレーシアの比較動画を作ることになり、そのプロジェクトのマネージメントをしました。ポイントカレッジという現地の大学に動画の製作は依頼しました。 その後、オウンドメディアの立ち上げを行いました。この時はUXやSEO等の知識はありましたが、ワードプレスが本当に初心者だったので何も分からず、調べながら手探りで作業を進めていました。

和僑会(アジアで起業する日本人の会)のクアラルンプール支部サイトの作成もしました。公開5分前に、消してはいけないコードを消してしまってページが全く表示されなくなるというアクシデントもありました。現地の起業家からの依頼でホームページを改良したこともありました。また、和本会という日本の古本をマレーシアで売る古本市のようなチャリティーイベントの実行もしました。

他にはできるだけ現地の感覚を掴もうと考え、IT系の展示会や食品関連業のEXPOなどイベントにも顔を出しています。

他に、UNLOCK DESIGNの根幹となるAWAY事業を一緒に作っています。短期のプログラムである「AWAY合宿」の上海、カンボジア、ペナンの企画をしたり、もっと上位の「AWAY COLLEGE」構想を練ったり、AWAYの思想を形作っていくことをしています。

新しいものを作るのは楽しいです。いろんな意味で寝られませんが。

こうして、UNLOCK DESIGNのインターンとして、AWAYに1年以上関わり続けています。

アジアに来てみたら、必ずなにかしら変わるはず

UNLOCK DESIGNのインターンがほかのインターンとどう違うか、というと、まず挙げられるのは実際に人が動く、変わる事業をしているということです。最近多い人材系やIT系の事業ではまずありません。教育事業を行っているからこそだと思います。

世界に出たことない人がアジアに来れば、必ず何かしら変わるはずなので、そこに繋がるというのは例えば単なるゲーム開発やweb製作とは違って楽しいです。教育事業ですので、旅行とも違います。得るものが大きくなるような仕掛けを作っています。古い建物の写真を撮って喜ぶのも必要ですが、現地の人と対話する事が最も大切です。

お金、お金よりも物、物よりも情報、情報より人を動かすことに楽しさを感じます。さらにポジティブな方向に人を変化させられたら最高です。結果、自分の周りにポジティブ人間がわさわさしたら絶対に楽しい人生を送れます。

国境無関係な思考回路に切り替わったのも、マレーシアに来て良かったことです。というのも、マレーシアはハブ国家なので数十カ国の人が同じ空間にいます。何かを考える際、国境を意識する事はほぼありません。国境は制度上少しハードルの高い行政区分です。日本にいると気にするウチとソトをにする事もありません。すごく生きやすいです。

それに、例えば〜の国の〜の都市がとある分野で進んでいると分かったら、そこに支社作ろうというのが日本の会社の発想ですが、「じゃ本社機能移そうぜ」となるのがこの会社です(多分)。この空気感も心地よいです。

今回は長期インターンということもあり、事業の根幹に入れていただいています。資金も入れていない立ち上げ段階の事業に、かれこれ一年以上一緒にやらせていただいています。毎日議論して少しずつ形作っていく過程が楽しいです。

大学に入ってから、今にいたるまで、どんどん視野が広がり続けているので頭が忙しくて仕方がないです。大学にしっかり行っているとは言えませんが。
帰国したら単位とります。誓います。そして法経に加え、語学、デザイン、プログラミングを学び、世界のどこにいても生きていけるような人間になります。

関連記事:広がった世界は広がり続けるだけだ。

 

AWAYインターンのプログラム紹介

AWAY トリップにて

『AWAY』では元リクルート米国法人社長監修のもと、マレーシアでのインターンやビジネスプログラムを運営しております。

ひとが変わるには、過ごす場所、ひと、時間の使い方を変える必要があるといわれますが、日本の外で時間を過ごすことにはひとが変わる要素の全てが詰まっています。なので、断言できます。プログラムを通じてあなたは絶対に変わります。

説明会も随時行っておりますので、お気軽にお問合せください。

プログラムの詳細について、もっと知りたいというかたはこちら