東南アジアで海外インターンするなら、日本からの移動はAir Asia(エアアジア)で決まり!


クアラルンプールといえば、Air Asia(エアアジア)でしょう。いや、全然違うでしょ、っという人もたくさんいるかもしれませんが、Air Asia(エアアジア)なんです。

エアアジア – Wikipedia

f:id:udintl:20131106163501p:plain

Air Asiaってなに?

Air Asia(エアアジア)はマレーシアの格安航空会社です。ぼくは東南アジアに行く時も、東南アジア各国間の移動も全部エアアジアを使っています。理由は安さと、羽田空港発着という利便性です。*安さについては後半参照

タイ・バンコクを拠点に投資事業を営んでいる友人は、エアアジアは頻繁に遅れるので、ビジネスの際は使わないと言っていました。

前回の東南アジアツアーの際は、バンコクージャカルターシンガポールークアラルンプールー羽田の移動は全てエアアジアでした。遅延が心配でしたが、遅れることは一度もありませんでした。

f:id:udintl:20131106164307p:plain

東京(成田・羽田)→クアラルンプール 羽田発着が便利!

クアラルンプールに行くときは、エアアジアしかないでしょ!っと決めつけていましたが、他の航空会社はどこが飛んでいるのか調べてみました。

直行便はマレーシア航空と日本航空の両国を代表するフラッグシップが運行。両社とも、成田空港発です。

成田空港は都内から遠く不便なので、羽田からしかも格安で運行しているのであれば、わざわざ成田空港から飛ぶ理由がありません。

エアアジア羽田発クアラルンプール行きは出発が夜23時45分のため、仕事を休む必要がありません。クアラルンプール到着は翌日の朝6時半。最高のフライトスケジュールです!

エアアジアLOVE!

f:id:udintl:20131106164936p:plain

 クアラルンプールから東南アジアの各都市へ飛ぶ

クアラルンプールに用はない?大丈夫!

エアアジアはクアラルンプールをハブ空港としているため、クアラルンプールから、バンコク、プノンペン、ジャカルタ、シンガポール、ハノイなど東南アジアの主要都市はほとんど直行便が出ています。さらには、オーストラリアやインド、さらにサウジアラビアまでもいけちゃう。

下図:クアラルンプールから直行便が出ている都市

f:id:udintl:20131106163440p:plain

エアアジアは安い!

エアアジアは羽田からクアラルンプールまで12,600円から行けます。ってこれキャンペーン価格で、実際は燃料費、空港使用税など諸経費諸々含めたらすごい高くなるんでしょ、っという方。予約ページを見てみましょう。

f:id:udintl:20131107020154p:plain

大学生が春休みにクアラルンプールでインターンした場合の航空券価格:4万円でお釣りが来る!

エアアジアのウェブ予約システムは、下図のように、1ヶ月間の最低価格の推移をグラフで見ることが出来ます。右コラムに、空港税および空港使用料を含めた合計金額が表示されます。

下表は大学の期末試験(1月24日金曜日の想定)が終った翌週月曜日(1月27日)に羽田空港を出発。1ヶ月間クアラルンプールで海外インターンをしたあと、羽田空港に飛んだ場合の例です。

2014年1月27日羽田発、2月28日クアラルンプール発の場合

f:id:udintl:20131107021219p:plain

合計金額は37,240円。安いですぇ。

東京ー大阪と東京ークアラルンプール間の比較

  • 東京ー大阪ののぞみ指定席往復で28,000円ほどすることを考えれば安い!
  • 2都市間の距離をみても、東京ー大阪間が600キロ、東京ークアラルンプールが5300キロと約9倍遠いことを勘案しても安い!

預ける荷物は別途料金

上記の37,240円以外にもいろいろとお金かかるんでしょ、という方。はい、かかります。荷物を預ける場合は重量に応じて、別途料金がかかります。

20キロの荷物を預ける人は2500円×2=5000円かかります。これで合計42,240円。

f:id:udintl:20131107022952p:plain

LCCは飲み物とか食事がお金かかるんでしょ?払えばいいじゃん。

LCCで旅行するということを言うと、いつも言われるのがこれ。

「機内サービスお金かかるんでしょ?飲み物タダじゃないんでしょ?食事でないんでしょ?」

お金払えば買えるし、フラッグシップキャリアの機内サービスが何か特別なわけでもない。「Chicken or Beef?!」っと詰められるような口調で聞かれ、大抵は肥料のような物が出てくる。必要なものにお金を払う必要はないというエアアジアのようなLCCのコンセプトは共感出来る。

 エアアジアはフライトアテンダントもナ・イ・ス

フライトアテンダントもきれいな人が多いです。タイトなユニフォームのためか、セクシー系が多い印象をうけます。

f:id:udintl:20131107023931p:plain

すいません。写真間違えました。

f:id:udintl:20131107024649p:plain

こんなこともやってたりして、チャーミングな会社です。

Sir Richard Branson dresses as an air hostess after …

っというわけで、東南アジアで海外インターンするなら、日本からの移動はAir Asia(エアアジア)で決まりです!