【世界の就活】マレーシア人のインターン事情


日本と同様、マレーシアのインターンシップはアメリカほど活発ではありませんが、最近増えてきている傾向にあります。

どこで探すの?

基本はネットです。数あるインターンシップ関連のサイトから、なかでもJobStreet Malaysiaはだれもが必ずチェックするサイトです。

JobStreetは1997に設立され、(Forbesによると)東南アジア最大の求人サイトです。シンガポール、フィリピン、インド、バングラディッシュ、タイ、ベトナム、今では日本まで!?幅広く展開しています。60,000の企業を顧客にもち、7,000,000以上の求人者にサービスを提供しています(2010年時点)。

どんな仕事があるの?

5分程サイトを見た感じだと、アドミン系、会計系、IT系がメインになります。

アドミン系は、オペレーションのサポートなどいわゆる総務業務を一部担当します。会計系はスーパーバイザーの指示のもと、給与計算、ブックキーピングや監査などの業務に携わります。最後に、IT系ですが、これが一番多いようで、エンジニアやプログラマーに、ウェブデザインやシステム開発、テストなどを任せるます。

何が必要?

選考がビジネスよりかITよりであること。(ファイナンス、アカウンティング、マーケティング、マネージメント、ITなど)

語学は英語は必須。それ意外にマレー語、中国語ですね。中国系マレーシア人であれば、これらは問題ないですね。

IT系であれば、javaやhtmlなどは必須スキルです。

期間は?

主に3ヶ月以上が多いです。半年や一年単位のものをありました。

最後に

インターン生の中から採用を決める!といったスクリーニングはなく、クレジット(単位)や労働経験の一環として利用されています。

ある業務を完全に任せて、ビジネスを開拓、拡大させるようなアグレッシブな内容は見当たりませんでした。